Nibroll


▶Nibroll's other works on youtube

1997年結成。振付家・矢内原美邦を中心に、 映像作家、音楽家、美術作家とともに、舞台作品を発表するダンス・カンパニー。舞台のみならず、美術館でのパフォーマンス、ビジュアル作品の発表などダンスや身体表現の可能性を追求している。東京を主な活動拠点としながら、欧米やアジアなどでも作品を発表し、注目を集めている。

Established in 1997, Nibroll is a dance company led by choreographer Mikuni Yanaihara. Nibroll produces performances created through collaborations with video artists, musicians, and fine art practitioners: there is no single overall director. The characteristic of their performance is unconventional framework; output can be a dance show, concert, play, movie, or art exhibition, to explore the possibilities of visual and physical expression. Nibroll entrust all the decision-making to the audience. Their ultimate aim is not simply to put on a performance, but to explore a new field by having active communication with various genres. Based in Tokyo, Nibroll is also active in Europe, USA and Asia and have garnered much attention since its funding.

<AWARD>
2009年「日本ダンスフォーラム大賞」受賞
2002年「森美術館MAMコンテポラリーアート賞」受賞
2000年「ランコントレ・コレオグラフィック・アンテルナショナル・ドゥ・セーヌ・サン・ドニ(旧バニョレ振付賞)ナショナル協議員賞」受賞


2009. "Japan Dance Forum Award 2009 Grand Prix"
2004. "The Mori Art Museum Contemporary Award"
2002. "The National Advisory Panel Award"
    Bagnolet International Choreography Contest
2000. "The Millennium Culture and Art Festival Award"


off-Nibroll

映像作家・高橋啓祐と振付家・矢内原美邦が、身体と映像がつくりだす空間をより追求するために立ち上げたユニット。劇場をはじめ、美術館、ギャラリー、パブリックスペースなど多様な空間で作品を発表。映像インスタレーションとともにダンスパフォーマンスも展開し、身体と映像の関係性を追求している。森美術館、広島市現代美術館、高松市美術館などでのグループ展の他、せんだいメディアテークや大原美術館等にて個展を開催。越後妻有アートトリエンナーレや上海ビエンナーレといった国際展への参加をはじめとし、台湾、韓国、ドイツ、イタリアなど国内外での発表をおこなっている。

The visual director Keisuke Takahashi and choreographer Mikuni Yanaihara from Nibroll formed Off Nibroll which mostly deals with the relationship between body and image, in 2005. We intend to isolate dance from theater, and remove the barrier between audience and performers. We fulfill this idea by using a small gallery spaces to maintain a close distance with the audiences, and, furthermore, to form their creation with the audiences‘s existence. By doing this, to bring the new body into their work becomes a challenge, but it also releases the form of dance to a bigger variety group of people.

<AWARD>
2007. 広島現代美術館「Re-Act展市民賞」受賞
2007.「大阪アートトリエンナーレ2007審査員特別賞」受賞

2007. HIROSHIMA Contemporary Art Museum – Re-Act 2007 prize
2007. OSAKA Art Triennial 2007 Jury Recommended Award

+website +SNOW contemporay


Mikuni Yanaihara Project

矢内原美邦が「演劇作品」を制作することを目的に立ち上げたソロプロジェクト。 些細にみえる日常を大胆に切り取りスケッチした物語群の中に、ノスタルジーを喚起する往年の日本アニメへのオマージュや自らが作詞する淡い青春ラブソングを織り交ぜ、意識的に「演劇的」でありながらも、様式に束縛されない手法が注目を集める。その圧倒的な情報量と運動量で知られる舞台では、劇画的にデフォルメされた自己中心的なキャラクターたちが、言葉と体をダンスするかのごとく高速回転させドライブ感に溢れた魅力が生まれる。 05年吉祥寺シアターこけら落とし公演として『3年2組』発表。07年ソロダンス作品『さよなら』で第一回日本ダンスフォーラム賞を受賞。08年『3年2組』で愛知県芸術劇場演劇フェスティバル出場。08年『青ノ鳥』で第52回岸田國士戯曲賞最終候補作品ノミネート、09年NHKシアターコレクションに出場、12年『前向き!タイモン』で第56回岸田國士戯曲賞受賞。

In 2005, Yanaihara started her solo theater project. Mikuni Yanaihara Project debuted with “San-nen Ni-kumi (Third grader in the second class group),” a piece produced for the opening of Kichijoji Theater,. The work was also staged during the Theater Festival at Aichi Prefectural Art Theater in 2008. In the same year, “ The Blue Bird”was nominated as a finalist for the Kishida Kunio Drama Award. The piece has also been featured at the NHK (Japan Broadcasting Corporation) Theater Collection in 2009. Her borderless, genre-crossing performances have been enthusiastically received by both the contemporary dance and theatre scenes in Japan. <DVD> Edited by Keisuke Takahashi/ Produced by Studio Nibroll Mikuni Yanaihara Project “Class2, the 3rd grade” (2005) Mikuni Yanaihara Project "The Blue bird”(2007)




<AWARD>
2012. 第56回岸田國士戯曲賞受賞『前向き!タイモン』
2010. シェクスピア・コンペ優秀賞受賞『前向き!タイモン』
2007. 第一回日本ダンスフォーラム賞受賞『さよなら』

+website


Mikuni Yanaihara 矢内原美邦
Choreographer, Director, Play writer and Dancer

ニブロール主宰。大学で舞踊を専攻、在学中にNHK賞、特別賞など数々の賞を受賞。日常の身ぶりをモチーフに現代の空虚さや危うさをドライに提示するその独特の振付けは国内外での評価も高く、身体と真正面から向き合っている数少ない振付家のひとりと言える。ミクニ ヤナイハラプロジェクトでは演劇にも挑戦し、ジャンルを問わないその活動はニブロールのみならず、多数のアーティストとコラボレーションするなど世界中を舞台に活躍中。

<AWARD>
2012. 横浜市文化芸術奨励賞受賞
2012. 第56回岸田國士戯曲賞受賞『前向き!タイモン』
2010. シェクスピア・コンペ優秀賞受賞『前向き!タイモン』
2007. 第1回日本ダンスフォーラム賞優秀賞受賞
2001. ランコントレ・コレオグラフィック・アンテルナショナル・ドゥ・セーヌ・サン・ドニ・ナショナル協議員賞受賞

Since high school, when she began to dance, Yanaihara has won numerous awards for her work, including the NHK Award at a national high school dance competition.After graduating from university with a degree in dance, Yanaihara turned her sights on film and enrolled in film school. Since creating Nibroll in 1997, Yanaihara has taken brought Nibroll to festivals a range of festivals including the Oregon Dance Festival, the San Francisco Butoh Festival, and the Berlin Fusion Festival, earning great critical acclaim as a choreographer.

<AWARD>
2000 the Millennium Culture and Art Festival Award
2001 the National Council Prize at Yokohama Platform of the former Bagnolet International Choreography Award
2007 the Japan Dance Forum Award
2009 the Japan Dance Forum Award Grand Prix
2012 KISHIDA screen play Award
2012 the Yokohama City Cultural Prize

+blog  +off-Nibroll  +Mikuni Yanaihara Project


Keisuke Takahashi 高橋啓祐
video artist

映像作家。美術館、ギャラリー、劇場、パブリックスペースなど多様な空間で作品を発表。映像インスタレーションとともにパフォーマンスも展開し、身体と映像の関係性を追求している。イタリアや台湾のギャラリーや、せんだいメディアテークや大原美術館、BankArt1929等にて個展を開催。上海ビエンナーレなど国際展への参加をはじめ国内外での制作、発表をおこなっている。また「ニブロール」では設立時より映像ディレクターを務める一方、振付家・矢内原美邦とのユニット「off-Nibroll」としても東京、横浜を拠点に国内外で活動している。

<AWARD>
2005.「第9回文化庁メディア芸術祭」審査委員会推薦優秀作品受賞
2005. オーストラリア・グラーツアートプロジェクト「BIXメディアコンペティション」優秀賞受賞
2007. 大阪アートトリエンナーレ優秀賞受賞

A visual artist, Takahashi has created many visual installations in various space such as museum, gallery, theatre and public space. and he also has created performance pieces and intend to pursue the relationship between body and image. he held the solo exhibition the gallery in Milan, Italy and Taipei, Taiwan, and in Japan, SENDAI Mediatheque, BankArt1929, Ohara Museum and others, and also joined to the international exhibition such as SHANGHAI Biennial, ECHIGO-TSUMARI Triennial and others. His work has been presented in arts festivals throughout Japan and the world. He received the MAM Contemporary Award from Mori Art Museum in 2004 as well as the Committee Recommendation Award from Japan Media Arts Festival in 2006. He also has created many performance works as the visual director for the dance company named "Nibroll ".

<AWARD>
2005 Outstanding chievement Award of Graz Art Project 2005, Austria
2005 The 2005 Japan Mesia Arts Festival – Jury Recommended Works
2007 OSAKA Art Triennial 2007 Jury Recommended Award
2007 HIROSHIMA Contemporary Art Museum – Re-Act 2007 prize

+off-Nibroll


SKANK スカンク
comporser, musician

05年よりNibrollに参加。個人的な活動も精力的に行っており、自身のユニット"MEXI"では形態を定めず都内中心での活動を始め多くのミュージシャンや美術、写真など他ジャンルのアーティストとも積極的にセッションしている。
また多くの身体表現の舞台にも楽曲の提供、演奏を国内外でしており09年から指輪ホテルの「洪水 massive water」にスカンクのゾンビ役で出演、演奏をしている。 他にも循環プロジェクト(エイブルアート参加事業)では音楽のナビゲーターを務めたり、美術家、アニメーターとの共同プロジェクト「words factry」では言葉をテーマにした作品を共同制作するなど活動の幅を広げている。

<AWARD>
2005.「第9回文化庁メディア芸術祭」優秀賞受賞 SSS.T(Six Strings Sonic. The)にて

Participating in Nibroll as sound director since 2005. Also he is a main member of the band "MEXI" and played some live performances, made many music for some dance and theatre campany. Also participating in SSS,T(Six Strings Sonic,The) as a guitarist, and won the excellence prize of "the 2005 Japan Media Arts Festival".


Takuya Kamiike カミイケタクヤ
set designer, painter

香川県在住の美術家。1979年生まれ。高校卒業後、舞台大道具の仕事を始め、その技術や経験を用いて作品を製作。「時間の経過」という人間の故意では行えない事と「拾う」という偶然性の事を主軸として元来の舞台美術の製作方法とは反対の方向より舞台美術作品を製作する。また同様の形で平面作品、インスタレーション作品も制作。最近の主な作品としては、山下残演出「庭みたいなもの」に舞台美術として参加し、「高松コンテンポラリーアート・アニュアル vol.01@高松市立美術館」ではインスタレーション作品を制作。

Kamiike is a fine-art artist residing in Kagawa prefecture, Japan. After graduating high school, he began stage-set design and now creates artworks based on these skills and experience. He creates stage designs from an angle that’s opposite to the conventional approach, but based on two concepts; “inevitable passage of time” and coincidental act of “picking up”, both beyond human control and relies on contingency. He also produces two-dimensional works and installations using the same concepts. His recent prominent works includes: set design for “Niwa Mitaina Mono” by Zan Yamashita, and installation work for the Takamatsu Contemporary Art Annual vol.10
at the Takamatsu City Museum of Art.

+website


Dancer

Mariko Kasuya
カスヤマリコ

7歳よりクラシックバレエをはじめ、ベルギー、バンクーバーなどに渡り様々なダンスを学ぶ。さらにダンスを深く学ぶためカナダトロントのSchool of Tronto Dance Theatre に入学。2年後卒業し、帰国後は現在までNibroll、Co.山田うん、タバマ企画等で国内外の公演に出演。07年文化庁海外研修員として渡独。近年は自作の作品を発表するなど、少しずつ創作活動も開始。
+web site




Emi Oyama
小山衣美 

広島県生まれ。8歳より新体操を、18歳よりコンテンポラリーダンス、クラシックバレエを始め、中村しんじ、川野眞子の作品に参加する。10年より矢内原美邦ダンス公演に参加。 ダンサーとしてヨコハマコンペティション ソロシニア部門第3位受賞。

 

 



Akina Kinukawa
絹川明奈

石川県野々市出身の28歳。5歳より前多敬子・田中勉バレエ教室で踊り始める。全国舞踊コンクールに多数参加し入選入賞。また高校生の時には竹吉勇己、木藤由麻にHIPHOP、小坂典子にJAZZ DANCEを師事。その後日本女子体育大学舞踊学専攻へ入学を機に上京。在学中はモダンダンス部に所属し全国大会にて受賞多数。また、この頃コンテンポラリーダンスと出会い興味を持つ。卒業後、社会とつながりながらダンサーとして活動するべくニブロール所属となる。現在は神奈川県立神奈川総合高校でダンスの授業を担当。教える・伝えることにも力を入れながらダンスを続けている。




Noriko Fujise
藤瀬のりこ

新体操、ジャズダンスを経て2001年からニブロールに参加。『駐車禁止』『コーヒー』『チョコレート』『nodirection』などに出演する。その後、牛占嶺街劇場(台北)、798藝術区仁art gallery(北京)、最近では三鷹市の山猫写真館にてソロ作品を上演、観客の子供達と一緒に踊る『海のダンス』も好評を博す。会社員、主婦の方々や女優・ダンサーに向けたヨガ教室を、各地で開催している。全米ヨガアライアンス認定インストラクター。

 

 

 


precog プリコグ production

ニブロールのほかチェルフィッチュ、吾妻橋ダンスクロッシングなどのプロダクションを企画制作。従来の常識を覆すような演劇、コンテンポラリー・ダンス、パフォーマンス・アートの最前線を取り扱い、日本における身体表現の新しい輪郭を模索している。特徴としては、既成の劇場上演だけではなく、クラブ、ギャラリー、美術館なども積極的に公演場所として選択している。ジャンル概念から自由な視点をもち、常にオルナタティヴなフィールドを開拓している。

Previous productions include Nibroll, chelfitsch, Azumabashi Dance Crossing and ALIVE ART MATSURI. Producing cutting edged Japanese theatre, contemporary dance and performance art, presented works explore physical expression that questions preconceived ideas. Venues chosen for our performances not only include conventional theatre halls but also alternative spaces, such as clubs / live house, galleries and museums. We always try to pioneer alternative fields.
+web site